「てんきや」コラム

#10: 実験! 上空の気圧は低い

飛行機に乗ると耳がツーンとした、そんな経験はありませんか? あれは、地上に比べて上空のほうが気圧が低いのが原因です。地上の気圧は通常1気圧…1000hPa前後ですが、飛行機が飛んでいる高度10000m辺りでは気圧は200〜300hPa程度しかありません。もちろん飛行機の機内は与圧されているので200hPaということはありませんが(でなければ乗客全員倒れてしまいます)、それでも地上に比べると気圧は低くなっています。JASのページ(archive.orgのキャッシュ)によると、客室内の気圧は約0.8気圧(800hPa)、2000m級の山と同程度の気圧だそうです。

地上におけるかまくらカスター というわけで、上空の気圧がどの程度低いか実験をしてみました。実験台は、羽田空港で購入した「かまくらカスター・カスタード味」(税込94円)です。これを飛行機の中に持ち込むとどうなるでしょうか??


次のページへ ≫

(2003/6/9)
[前のコラム:レーダー+アメダス=] [次のコラム:日本の時差] [「てんきや」トップページへ]

84p.net Copyright (C)1996-2003 HASHIMOTO "P!" Takashi このサイトについて...
This page is hosted by WebKeepers.
「てんきや」はRead! Meに参戦しています